BowLについて

受容する優しさがあふれる社会へ

BowLは、うつ病やメンタル不調で苦しむ方々の
受け皿-BowL-でありたいという思いから始まりました。

BowLに通っておられる研修生の方々が
スタッフと共に日々取り組んでいるのは
本来持つ人間らしさを取り戻す営みです。

人間らしさを取り戻すことは、
ありのままの自分を受容することです。
だからBowLでは、うつ病という「部分」に注目して治そうとするのではなく、
うつ病とともにある、その人「全体」に目を向けます。

ありのままの自分を受容することは、自分だけでは難しい。
ところがそこに、1人でも受け取ってくれる他者がいたら、
自分を受容し、次は自分が誰かを受け取ることができます。
BowLは、どんな時でも、その1人でいます。

***

BowLを卒業していく研修生の皆さまは、
自身のうつ病という厳しい現実をも受け取ることを経験した人です。

人間がもともと持っている、共感して受容する力。
BowLでの研修を通して、そうした力を呼び起こしたかたがたが
社会に浸透していくことで、この社会はもっと優しくなると私たちは信じています。

いつの日かこの社会が、人と人がお互いに受け取りあえる、
温もりのある社会になるように。

うつ病の克服や復職というゴールの先にある、
受容する優しさがあふれる社会へとともに歩む仲間が、
今日もBowLに集っています。

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。BowLの専門職スタッフが対応いたします。